帯祝い(安産祈願)

妊娠五ヶ月目の戌の日に腹帯(岩田帯)を巻き、神様に安産をご祈願することを「帯祝い」といいます。

戌の日に行うのは、戌が多産であり、お産が軽いことからこれにあやかっているといわれております。

お腹に帯(岩田帯)を巻くのは、お腹の保護と胎児の位置の安定、「岩のように丈夫な赤ちゃんが生まれますように」という意味や願いが込められています。

お参りに関しましては、もちろん妊娠五ヶ月目の戌の日にお参りするのも結構ですが、何より体調を優先に考え、無理をせず5カ月目以降の戌の日を選ぶのもよいでしょう。
戌の日に神社にお参りをして、お子様の安産、母子の健康をご祈願しましょう。

 

戌の日カレンダー ⇐こちら

  • 八坂神社とは
  • ご祈祷のご案内
  • 例大祭
  • 年間行事
  • 彫刻
  • 授与品のご紹介
Copyright© ‘2017’ 総鎮守 八坂神社 All Rights Reserved.