厄年(厄除け)

厄年は、精神的、身体的、家庭環境的、或は対社会的にそれぞれ転機を迎へる人生の節目の時であり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。
厄年の年齢は「※数え年」で数え、地域によって多少異なるところもありますが、男性が25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳などを言い、この年齢の前後を前厄・後厄と称します。この中でも男性の42歳・女性の33歳は大厄とされ、特に注意を払うべき年といわれています。

神社でお祓いを受け、神様のご加護により平穏無事に過ごすためにも、厄年はぜひお祓いを受けましょう。
また、厄年に限らず、日々の生活で少しずつ溜まっていく厄(日常厄)をこまめに祓う意味での厄除けもお受けしておりますので、気になる方はお越しください。

※数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方です。今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。

 

厄除け・方位除け表 ⇐こちら

  • 八坂神社とは
  • ご祈祷のご案内
  • 例大祭
  • 年間行事
  • 彫刻
  • 授与品のご紹介
Copyright© ‘2017’ 総鎮守 八坂神社 All Rights Reserved.