八坂神社 ご由緒

八坂神社
八坂神社

八坂神社は、旧取手市内に於ける、上町、仲町、片町の鎮守であり、三ヶ町の「産土神(うぶすながみ)」として「牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)」として敬称親しまれてきました。
創建は寛永3年(1626)、御祭神は素盞鳴命(スサノオノミコト)をお祀りいたしております。
拝殿は、天保3年(1832)壬辰6月吉日の建立で、拝殿の廻り廊下の角金具にはっきりと刻まれています。6月吉日と完成の日付があるのは当時の例大祭は6月であったため、大祭に間に合うように完成を急いだであろうことが想像できます。
現在の本殿(取手市指定有形文化財)は明治36年(1903)に再建されたもので一間社流造、建物全体に精巧な彫刻が施されています。この彫刻は明治39年(1906)に建てられ、後藤縫殿之助(ごとうぬいのすけ)・保之助(やのすけ、後藤縫殿之助の二男)親子の作の刻明がありますが、縫殿之助は明治34年(1901)になくなっており、保之助は兄の後藤桂林(ごとうけいりん)を頼り、寺田松五郎(てらだまつごろう)、高石伊八郎(たけしいはちろう)らと共に完成させました。向拝の龍の彫刻の裏には「寺田松五郎」、本殿仮壁には「後藤桂林」の名が刻まれています。
この本殿は、明治期にできたとは思われぬほど古格の高い立派な建築物です。

市指定文化財 八坂神社(本殿・拝殿)
市指定文化財 八坂神社(本殿・拝殿)

八坂神社 祭神
素盞鳴命素盞鳴命について
素盞鳴命は、天照大神(アマテラスオオミカミ)の弟君とされる神で勇猛の聞こえ高く、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治して得た神剣・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)のちの草薙神剣を天照大神に献上致しました。
『邪』を裂き『魔』を祓う強い力を持つ『スサノオノミコト』をおまつりすることから、厄除け・除災招福に御神徳があるとされています。

境内・社殿・建造物

鳥居

鳥居
鳥居が建立されたのは宝永4亥年(1707)です。
宝永4年といえば富士山が噴火し、宝永山のできた年です。
この年の7月には大阪で銭相場が騰貴し、10月には幕府藩礼を禁止し、諸藩に年貢の洗納、田畑の質入を禁止させ、物価騰貴の抑制を命じ、物資の買溜を禁じた最悪の年でした。
このような年に現在ある鳥居が建立されたということは八坂神社に対する氏子の偉大な敬神の表れ、また不景気のどん底にあえぐ氏子の神への願望の表れではないでしょうか。

燈籠

燈籠
燈籠については社殿に一番近い寛保3亥年(1743)の銘のものが最も古く、宝歴7年(1757)文化4年(1816)などのものがあります。

本殿または種々の彫刻

本殿または種々の彫刻
本殿は一間社流れ造りで、明治39年(1906)の建築です。
本殿の基盤には、彫刻師として名工後藤縫殿之助・保之助(縫殿之助の二男)の刻銘がありますが、縫殿之助は明治34年(1901)に亡くなっており、保之助は兄の後藤桂林を頼り、寺田松五郎・高石伊八郎らと共に完成させました。
向拝の龍の彫刻の裏には「寺田松五郎」、本殿板壁には「後藤桂林」の名が刻まれています。
本殿の壁面には透かし彫りの彫刻として、神話の『天の岩戸』『日本武尊』『神功皇宮』の場面が施されています。

本殿彫刻のご紹介

御神輿

御神輿
御神輿は文政9年(1826)5月の作ですが、誰れの手になるものか定かではありません。特筆すべき技法として、屋根の軒が中心から扇状に広がる扇垂木(おおぎたるき)により美しい曲線の意匠が施されています。
例大祭の宮御神輿として8月1日、3日に渡御が行われますが、80名を超える担ぎ手により担ぎあげられ、市内を練り歩くさまは一見の価値があります。

取手総鎮守 八坂神社

取手 総鎮守 八坂神社
〒302-0005 茨城県取手市東1-2-9

ご祈祷のお申し込み、お問い合わせはTEL:0297-72-1997
Copyright© ‘2017’ 総鎮守 八坂神社 All Rights Reserved.