厄除け・除災招福

「厄」は「役」に通じることから、大いなる飛躍の可能性を秘めた大切な時期であると同時に、
不安定さゆえに体調を崩しやすく、思わぬ災難に遭う時期であるともいえます。
こうした節目を迎えるにあたり、身を清め、行いを慎み、諸々の災いが好機となるよう祈願しましょう。

厄除け

厄年は、精神的、身体的、家庭環境的、或は対社会的にそれぞれ転機を迎える人生の節目であり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。
厄年の年齢は「※数え年」で数え、地域によって多少異なるところもありますが、男性が25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳などを言い、この年齢の前後を前厄・後厄と称します。この中でも男性の42歳・女性の33歳は大厄とされ、特に注意を払うべき年といわれています。
神社でお祓いを受け、神様のご加護により平穏無事に過ごすためにも、厄年はぜひお祓いを受けましょう。

厄除け

※数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方です。今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。

厄除け・方位除け表を見る
除災招福

除災招福とは、 字の通り災いを除けて福を招くためのお祓いでございます。 人はだれしも災難に遭いたくありません。しかし、生活をしてゆく上で予期せぬ災難が降りかかることがあります。そのようなとき、そういった災難が続いて起こってしまうと心に不安が残ってしまいます。 不安があるとさらに災いを招いてしまうことがあります。
昔から不安があることを『気』が『枯れる』と表現してきました。 『気枯れ(きがれ)』は『穢れ(けがれ)』といわれ、除災招福祈願はその『穢れ』をお祓いする御祈願です。
最近良くないことが続いてしまう方、日々を穏やかに過されたい方、ぜひお祓いをお受け頂き清々しい毎日をお受け下さい。

御祈祷の様子
厄除け・除災招福の社殿祈祷について

厄除け・除災招福の御祈祷はお電話でお申し込みをお願いいたします。

0297-72-1997

受付時間
9:00~16:30 (年中無休)
御初穂料(御祈祷料)
5千円・1万円より