令和3年 戌の日カレンダー jpg (2)

妊娠五ヶ月目の戌の日に腹帯(岩田帯)を巻き、神様に安産をご祈願することを「帯祝い」といいます。
戌の日に行うのは、戌が多産であり、お産が軽いことからこれにあやかっているといわれております。
お腹に帯(岩田帯)を巻くのは、お腹の保護と胎児の位置の安定、「岩のように丈夫な赤ちゃんが生まれますように」という意味や願いが込められています。
お参りに関しましては、もちろん妊娠五ヶ月目の戌の日にお参りするのも結構ですが、何より体調を優先に考え、無理をせず五ヶ月目以降の戌の日を選ぶのもよいでしょう。

戌の日に神社にお参りをして、お子様の安産、母子の健康をご祈願しましょう。

腹帯について

当神社では、安産祈願の方の腹帯も一緒にお祓いをしております。
『腹帯』は昔ながらのサラシタイプのもの、マジックテープなどでサイズ調整のできるガードルタイプのもの、腹巻のように筒状のもの等、色々種類があるようです。
どのようなものでもお祓いする事ができますので、祈願をお受けの方はお持ち下さい。

なお当神社でも伸縮タイプの腹帯(2000円)を準備しております。
お求めできますので、受付にてお申し付け下さい。

サラシタイプをお持ちの方で、巻き方がわからない方はこちらをご参考にしてください。